不整脈科

不整脈の基礎知識

心臓は収縮と拡張を繰り返し、その内部の血液を全身に送り出すポンプです。安静時、心臓が送り出す血液の量は毎分5Lくらいです。全身の血液量も体重60kgの人であれば5Lほどありますので、血液は約1分間で全身を循環することになります。
心臓には4つの部屋があり、上の2つを心房、下の2つを心室といいます。心房と心室はさらに2つに分かれており、それぞれ右心房、左心房、右心室、左心室と呼ばれます。最も重要な場所が左心室で、全身に新鮮な血液を送り出している部分になります。
心臓の筋肉は弱い電気によって刺激され収縮します。右心房の上方には自立的に電気を発生させる発電所の役目を果たす洞結節という組織があり、安静時には1分間に50-100回の電気信号を発生させます。
洞結節を出発した電気信号は心房全体に広がり心房筋を収縮させ、心臓の中心部にある房室結節に到達します。正常な心臓においては、房室結節が心房と心室を繋ぐ唯一の場所となっており、ここで電気信号の「遅れ」を生じさせ、通過した後は一気に左右の心室全体に広がり心室を収縮させます。房室結節で適度な電気信号の遅れが発生するため、心房と心室は絶妙なタイミングで交互に収縮できるようになります。この正常な電気信号の発生や伝わりの異常が不整脈です。

心房細動

心房細動は脈拍の規則性が完全に失われる不整脈です。

心房粗動

(発作性)上室性頻拍

心室性期外収縮

上室性期外収縮

心室頻拍

心室細動

ブルガダ症候群

洞不全症候群

房室ブロック

カテーテルアブレーション

ペースメーカーなどの心臓デバイス治療

ご予約・お問合せはお気軽に

地域にお住いの方で一般的な疾患から、循環器、生活習慣病まで
幅広く対応しております。お身体のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

pagetop