循環器内科

  • HOME
  • 循環器内科

内科について

症状 血圧が高い、発熱、せき、たん、のどの痛み、頭痛、腹痛、下痢、吐き気、高血糖など
病名 インフルエンザ、かぜ、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、高中性脂肪、高尿酸血症、痛風、花粉症、喘息、肺気腫、胃潰瘍、逆流性食道炎

を診療いたします。お気軽にご相談ください。

循環器内科だからできること

循環器内科だからできること

循環器疾患の主な症状には、どうきや息切れ、呼吸困難、胸の痛み、めまい、むくみなどがあります。ただ、これらの症状は心臓以外のさまざまな原因で起こる症状でもあるため、その原因が循環器疾患なのか、さらに循環器の中でもどの部分なのかまで判断するのは簡単ではありません。
これまで自治医科大学病院や横浜労災病院救急センター・循環器内科で勤務してきた経験を活かし、緊急性の高い病状かどうかを迅速に判断したうえで、必要であればさらに一歩進んだ詳しい検査や治療が受けられるよう提案します。

経過観察にも対応

不整脈など循環器疾患の病状には、早急に治療が必要な場合と、すぐには治療が必要ない場合があります。ただし、すぐに治療が必要でない場合であっても、経過を注意深くみておいた方が良いことがあります。そうした患者様は定期的に通院して検査を受けていただくことで、小さな変化を見逃さず、迅速に対応することが可能になります。
幼少期に異常を指摘されてそのままになっている方、なんとなく心疾患が不安な方は、是非一度ご相談ください。

主な循環器疾患と治療

症状

次のような症状の方は、循環器疾患の可能性があります。一度ご相談ください。

  • どうき
  • 息切れ
  • 胸の痛み
  • 胸の圧迫感
  • 頻脈
  • 不整脈
  • 脈の乱れ
  • 脈の結滞(脈が飛ぶ、抜ける)
  • ふらつき
  • めまい
  • むくみ
  • 失神(意識消失)
  • 背中が痛む
  • 心電図異常
  • 心拡大
  • アブレーション前後

病名

循環器疾患には主に以下のようなものがあります。

  • 不整脈(心房細動、期外収縮、ブロック、洞不全症候群、ブルガダ症候群)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心筋虚血
  • 弁膜症(僧帽弁閉鎖不全、大動脈弁狭窄)
  • 心不全
  • 心筋症
  • ペースメーカー(ペースメーカー、CRT、ICD、植え込み型心電計)

心臓病について

高血圧

動脈硬化

動脈硬化とは血管、特に動脈の弾力性が失われ、もろくなってしまうことをいいます。血管の内側にコレステロールなど(アテローム)が付着して血管が硬く狭くなり、血液の流れが悪くなってきます。アテロームはコレステロールや中性脂肪などの脂質に加えて血球成分やカルシウム、線維性成分、細胞の死骸などから構成された血管内での蓄積物で、これらが血管の内側に付着して起こる動脈硬化を粥状動脈硬化(じゅくじょうどうみゃくこうか)と呼ばれています。この粥状動脈硬化が問題となるのは、心臓に酸素を送っている冠動脈や、脳を養う頸動脈・脳動脈、大動脈といった重要な動脈に起こりやすく、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こすからです。動脈硬化は年齢を重ねるだけで進行しますが、動脈硬化を遅らせる生活や治療を心掛けたいものです。

虚血性心疾患

心臓は心筋という特殊な疲れにくい筋肉でできています。心筋は収縮と拡張を繰り返し、動き続けなければなりませんので、常に新鮮な酸素と栄養が必要です。この心筋に酸素を送っている動脈が冠動脈であり、冠動脈に動脈硬化が起こって血流が障害され心臓が酸欠になる病気を虚血性心疾患といいます。虚血性心疾患は狭心症と心筋梗塞に分かれますが、両者の違いは心筋が壊死するかどうかです。梗塞という言葉は、臓器に栄養と酸素が届かず臓器の一部が壊死し、その働きが悪くなる状態を示します。心筋梗塞で壊死してしまった心筋は通常生き返ることがありません。まだ狭心症のうちに治療を行うことが大切です。

狭心症

動脈硬化によって心筋に酸素を供給している冠動脈の血流が悪くなる疾患を狭心症といいます。階段や坂道歩行に伴って胸部症状が出現する労作性狭心症と、朝方など主に安静時に出現する異型狭心症(冠攣縮性狭心症:かんれんしゅくせいきょうしんしょう)があります。冠動脈の毛細血管レベルでの血流が悪化して胸痛を起こす微小血管狭心症というもあります。自覚症状や運動負荷心電図、発作時の心電図でこの疾患を疑い、CT撮影や冠動脈造影(カテーテル検査)で診断します。

労作性狭心症の治療は狭窄した血管の内側にステントを留置し血管が閉塞しないように広げます。留置後はステント内に血栓が出来ないように血小板の働きを抑制する薬を内服します。カテーテルでの治療が困難な病変に対しては冠動脈バイパス手術が行われることもあります。狭心症にならないためには、あるいは再発しないためには、禁煙や高血圧、コレステロールの管理が大切です。

冠攣縮性狭心症は、安静狭心症や異型狭心症と呼ばれることもありますが、同じ疾患と考えて良いものです。冠攣縮性狭心症は冠動脈がけいれん(攣縮)を起こして収縮してしまい血流が低下してしまうことで酸素不足が生じます。中には同時多発的に複数の冠動脈に攣縮が起こった結果、極めて危険な不整脈から命を落とす事態に発展することもあります。治療は基本的にカルシウム拮抗薬という内服薬が有効です。薬は忘れずに毎日内服することが大切です。もともと動脈硬化が原因といわれていますので、生活習慣の改善も必要です。

心筋梗塞

狭心症と同様に冠動脈の動脈硬化が進んで、最終的に血管が閉塞してしまう病気が心筋梗塞です。狭心症は胸部症状が数分間であるのに対して、心筋梗塞は胸痛が持続し改善しなくなります。血管が閉塞すると心臓の筋肉がどんどん壊死してしまいますので心電図、エコー、血液検査で迅速に診断し、すぐにカテーテルを使って閉塞を解除しなければなりません。入院での治療を要します。梗塞の大きさによって、入院中や退院後の経過が左右されますので、一刻も早い対処が必要になります。

心臓弁膜症

心臓は全身に血液を送り出すポンプですが、大量の血液を効率よく送り出すため、心臓には4つの弁(大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁)があり、流れていった血液が逆方向に戻らないようになっています。弁の開きが悪くなる狭窄症と、弁が完全に閉じなくなる閉鎖不全があり、これらを総称して心臓弁膜症といいます。弁膜症が起こると心臓に過度の負担がかかって、動悸、息切れ、浮腫(むくみ)などの症状が現れてきます。レントゲン撮影や心臓超音波検査(エコー検査)を行い診断されます。悪化した場合は、人工弁置換術や弁修復術などの開心術を行うこととなります。最近ではカテーテル治療で弁膜症を治療する方法も開発されています。手術適応は、循環器専門医が自覚症状、レントゲン写真、心臓超音波検査などを総合的に判断し決定する必要があります。

心不全

心不全

心筋梗塞、弁膜症、不整脈、肥大型心筋症、拡張型心筋症などが進行し心臓の働きが低下すると心不全の状態になります。レントゲン写真や心臓超音波検査(エコー検査)で重症度や病状が分かりますが、BNPやNT pro BNPなどの血液検査でも心不全の状態を把握することが可能です。心不全は生活態度で経過が大きく変わりますので、心不全の治療では生活指導が最も重要です。内服薬は利尿薬や血管拡張薬を使用しますが、心臓再同期療法といって特殊なペースメーカー(CRT-P, CRT-D)で治療すると著明に心不全が改善する場合もあります。

不整脈

閉塞性動脈硬化

閉塞性動脈硬化(ASO)とは、主に下肢の動脈硬化によって血管が狭窄もしくは閉塞し、下肢の血液が足りなくなった状態のことをいいます。下肢末梢での血流が不足するために、歩くと足が重たくなったり、しびれが生じたりして、歩くことが難しくなり、歩くのを止めると症状が改善します。これを間欠性跛行といいます。さらに、血流が高度に低下し閉塞に近い状態になると安静時にも足に痛みが生じ、潰瘍(かいよう)を形成することもあります。閉塞性動脈硬化のある患者様は、他の動脈硬化性疾患を合併していることが多く、頸動脈や冠動脈についての検査も必要となります。

肺塞栓症

肺の動脈に血液のかたまり(血栓)が詰まって、肺での酸素交換がうまく出来なくなってしまう疾患を指します。ニュース等でいわゆる「エコノミー症候群」という呼ばれる病気でもあります。エコノミークラスで長時間座ったままのフライトでは、下肢静脈の血流が不良となり、静脈内に血栓を生じ、それが肺に流れていってしまうことで発症します。飛行機だけではなく「同じ姿勢で座る」場合には発症の危険性があり、最近では大災害後の車中泊での発症も問題になっています。肺塞栓症は肺に詰まる血栓が大きい場合、突然死にいたることもあるため非常に恐ろしい病気です。呼吸困難や息切れがある場合、かならず本疾患を考えなければなりませんが、中には意識消失で発症する患者さんもいるため注意が必要です。

肥大型心筋症

心臓肥大は心臓の筋肉が厚くなって(肥大して)心臓の機能障害、特に拡張障害を来しますが、多くは高血圧や弁膜症が原因となって起こります。しかし、中には明らかな原因がなく、心筋が自分勝手に肥大してしまい、心臓の機能障害にまで発展することがあります。このようにはっきりした原因が特定できない心臓肥大を肥大型心筋症と呼んでいます。肥大型心筋症は高度な肥大を呈していても無症状で経過されることがありますが、呼吸困難や胸部圧迫感を自覚することもあります。中には、心不全や致死性不整脈を起こし、長期にわたって様々な治療を必要とする患者さんもいます。特に不整脈は重要で突然死の原因となりえますのでICDの植え込みなどが必要となる場合もあります。

この病気は遺伝子の関与が大きいとされていますので、家族に患者さんが居る場合は精密検査を行っておいた方が良いといえます。

拡張型心筋症

拡張型心筋症は、心臓の壁がぺらぺらに薄くなり、心臓が拡大し、収縮力が極端に悪くなる疾患です。中には遺伝子異常や代謝疾患、ウイルス感染などが明らかになることがありますが、多くの場合その原因は不明です。中には、β遮断薬の内服や、ペースメーカー治療(心臓再同期療法)によって左心機能が正常化する患者さんもいますが、最終的には心不全や不整脈などが出現するなど、徐々に病状が進行していきます。人工心臓の装着や心臓移植の多くはこの疾患の患者さんが受けることとなります。

不整脈

不整脈

動悸、頻脈、徐脈、脈の乱れ、脈が飛ぶ、抜ける、ふらつき、めまいなどの症状を感じたら不整脈が原因かもしれません。不整脈には心房細動、心房粗動、上室性期外収縮、心室性期外収縮、上室性頻拍(WPW症候群・房室結節リエントリー・心房頻拍)、心房粗動、心室頻拍、心室細動、洞不全症候群、房室ブロックなど多くの疾患があります。「発作時の心電図が無いと診断できない」と、よく言われますがそんなことはありません。ホルター心電図で記録されなくても、患者様の訴えや携帯型心電計で診断できるケースも数多く経験しています。
頻拍そのものを薬で治療することはできませんが、発作頻度を抑えることは場合によっては可能です。アブレーション治療を行うと症状が改善する場合があります。徐脈や致死性不整脈に対してはペースメーカーをはじめとした植え込み型心臓デバイス手術が行われます。

心房細動について

不整脈の中でも脳梗塞を合併しやすい心房細動は、他の不整脈と別に考える必要があります。心房細動そのものに対する治療(カテーテルアブレーションや抗不整脈薬の内服)と脳梗塞を予防する治療(抗凝固薬の内服)が必要になります。

狭心症

心筋に酸素を供給する冠動脈の血流が悪くなる疾患を狭心症といいます。階段や坂道歩行に伴って胸部症状が出現する労作性狭心症と、朝方など主に安静時に出現する異型狭心症(冠攣縮性狭心症)があります。自覚症状や運動負荷心電図、発作時の心電図でこの疾患を疑い、CT撮影や冠動脈造影(カテーテル検査)で診断します。治療は狭窄した血管の内側にステントを留置し血管が閉塞しないように広げます。留置後はステント内に血栓が出来ないように血小板の働きを抑制する薬を内服します。カテーテルでの治療が困難な病変に対しては冠動脈バイパス手術が行われることもあります。狭心症にならないためには、あるいは再発しないためには、禁煙や高血圧、コレステロールの管理が重要です。

心筋梗塞

心筋梗塞

狭心症と同様に冠動脈の動脈硬化が進んで、最終的に血管が閉塞してしまう病気が心筋梗塞です。狭心症は胸部症状が数分間であるのに対して、心筋梗塞は胸痛が持続し改善しなくなります。血管が閉塞すると心臓の筋肉がどんどん壊死してしまいますので心電図、エコー、血液検査で迅速に診断し、すぐにカテーテルを使って閉塞を解除しなければなりません。基本的には入院での治療を要します。梗塞の大きさによって、入院中や退院後の経過が左右されますので、一刻も早い対処が必要な疾患になります。

心臓弁膜症

心臓には4つの弁(大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁)があり心臓内で血液が逆戻りしないようになっています。弁が壊れて狭窄、閉鎖不全が起こると心臓に過度の負担がかかって動悸、息切れ、浮腫(むくみ)などの症状が現れます。レントゲン撮影や心臓超音波検査(エコー検査)を行って正確に診断いたします。悪化した場合は、人工弁置換術や弁修復術が必要となります。

心不全

心不全

心筋梗塞、弁膜症、不整脈、肥大型心筋症、拡張型心筋症などが進行し心臓の働きが低下すると心不全の状態になります。レントゲン写真や心臓超音波検査(エコー検査)で重症度や病状が分かりますが、BNPやNT pro BNPなどの血液検査でも心不全の状態を把握することが可能です。心不全は生活態度で経過が大きく変わりますので、心不全の治療では生活指導が最も重要です。内服薬は利尿薬や血管拡張薬を使用しますが、心臓再同期療法といって特殊なペースメーカー(CRT-P, CRT-D)で治療すると著明に心不全が改善する場合もあります。

ペースメーカーなどの心臓デバイス

ペースメーカーは徐脈性不整脈に対して、植え込み型除細動器(ICD,CRT-D)は頻脈性不整脈に対して使用される機器であり、総称して植え込み型心臓デバイスと呼ばれます。ペースメーカーについては植え込み手術が終了してしまえば、その後の治療は難しくありません。定期的に通院しペースメーカーのバッテリー残量を測定し、患者さんに合わせて設定を変更していきます。バッテリーが消耗した場合は本体の交換手術が必要になります。自宅に機器を置いて常にペースメーカーの状態を把握するホームモニタリングも可能となっています(古いタイプのペースメーカーは不可能)。

ICDは電気ショックによって自動的に致死性不整脈を止めてくれる機器です。最近では失神を繰り返す患者さんの診断に、植え込み型心電計(ICM)というデバイスも使用されています。

ペースメーカー外来

ペースメーカー外来

当院では、ペースメーカーを使用している患者様のためのペースメーカー外来を設置しています。主に横浜労災病院で植え込み手術を受けられた患者様を対象としておりますが、他院で手術を受けられた患者様でも主治医の許可がありましたら受診可能です。診療情報提供所を拝見し受診予定日を設定いたします。 外来日および適応メーカー
・第2水曜日午後:メドトロニック・ボストン
・第4水曜日午後:ソーリン(日本ライフライン)・バイオトロニック・セントジュードメディカル
ホームモニタリングを行っている患者様にも対応可能です。

ペースメーカー外来で行うこと

当外来ではペースメーカーの電池残量の測定、電極リードのチェック、ペースメーカー設定の調整などを行います。

診察時は、ペースメーカーを使用していての不安や最近の体調、機械の不具合など、気になることをお気軽にお話しください。

通院頻度について

ペースメーカー外来の通院頻度は、特に異常がなければ患者様の希望を考慮して決めていきます。通常は3ヶ月~半年に1度程度のペースになります。

ご予約・お問合せはお気軽に

地域にお住いの方で一般的な疾患から、循環器、生活習慣病まで
幅広く対応しております。お身体のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

pagetop